任意整理から破産まで、債務整理に強い弁護士が代行致します。

弁護士の債務整理コラム

借金は家族が肩代わりしないといけないのか?

投稿日:

はじめに

「突然、息子宛の借金の督促状が届いた」「息子から借金を打ち明けられたが数百万にもなっている」「妻が隠れて借金をしていたことが発覚した」というような相談を受けることがあります。

このような場合は、家族が借金を肩代わりすべきではないか、自宅が差し押さえられるのではないかと不安になられることと思います。
 
では、本当に家族が借金を肩代わりする必要があるのか?ご説明します。 

本人の名義での借金

本人名義で借金をしていた場合、家族には借金の返済義務はありません。
家族であっても、借りたのは本人であり、借りた本人以外は借金の返済をする法的義務はありません。

法律的なことよりも心情的に家族が借金を返すべきではないか?と考えることもあると思います。
確かに、法的な責任は無くとも、本人が借金を返済できずに他人に迷惑をかけている以上、家族としては何とかしなければならないと思うところです。
しかし、私が知る限りでは、安易に家族が借金を返済してしまったがために、本人が反省せず、更なる借金をしてしまうことが多くあります。また、家族が一括返済してしまったがために、優良顧客であると思われ借入限度額が増えてしまい、今度は返済しきれない借金となってしまったという事例もあります。
そのため、家族が借金を肩代わりすることは慎重になった方がよいでしょう。

ただし、家族が保証人になってしまっている場合には、法的な返済義務が発生してしまいます。
保証人として借金を肩代わりした場合には、本人に請求することができますが、家族間の問題としてうやむやになってしまうことも多くあります。

本人が家族名義で勝手に借金をした場合

問題は、本人が勝手に家族の名前や家族名義のクレジットカードを使用して、借金をしていた場合です。

借金は、基本的に誰名義の借金なのか、という点から判断されます。
したがって、本人が勝手に家族名義で借金をしていた場合には、原則として家族に借金の返済義務が生じます。

ただし、借金をする際には、必ず貸金業者は本人確認をしなければなりません。
貸金業者が本人確認を怠っていた場合や明らかに他人名義であるとわかっていた場合には、貸金業者に「過失」があったとして、家族の借金返済義務が免除されることがあります。
しかし、このような争いが生じた場合には裁判になることがほとんどであり、裁判の負担、弁護士費用の負担等が発生してしまうことは避けられません。

最後に

借金が発覚した場合には、安易に肩代わりするのではなく、借金の原因を分析した上で本人の反省の促す必要があります。そして、本人に債務整理を勧め、責任をもって借金を整理するよう伝えるべきです。

-弁護士の債務整理コラム

Copyright© 大阪の債務整理に強い弁護士「大阪バディ法律事務所」は相談無料! , 2019 AllRights Reserved.