任意整理から破産まで、債務整理に強い弁護士が代行致します。

債務整理の解決事例

任意整理による解決事例

ヤミ金からの督促を依頼当日にストップ!

30代男性会社員

年齢・性別 30代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 20万円
借 入 先 数 5社

生活費が不足したため、ヤミ金だとわかりつつヤミ金5社から借金をしてしまいました。

しばらくして借金の返済が滞るようになってしまいましたが、ヤミ金業者は毎日職場に電話や訪問してくるようになりました。
職場に迷惑をかけてしまい、これ以上続くと退職せざるを得ない状況に追い込まれましたので、何とかしないといけないと思い、弁護士に依頼することにしました。

依頼当日に弁護士がヤミ金業者と交渉してくれ、督促をストップさせてくれました。
また、違法な利息だとのことで、残りの借金全額を免除させてくれました。

借金の督促がなくなり、安心して生活を送ることができています。

任意整理で利息を免除毎月の返済額も減額!

40代女性パート

年齢・性別 40代女性
職 業 パート
借 金 総 額 30万円
借 入 先 数 3社

私はシングルマザーで子どもを育てていましたが、返済のために借金をするという自転車操業の状態で、利息を支払うものの元金はほとんど減っていないという状況でした。
そこで、弁護士に任意整理を依頼したところ、将来発生する利息をカットしてもらい、毎月の返済額を1社につき5000円/月に抑えてもらうことができました。
利息の支払が免除されたことによって、借金完済への目途が立ち、毎月の返済額を抑えることによって、ゆとりのある生活が送れるようになりました。

毎月の返済額が高い業者のみ任意整理を依頼!

40代男性建築業自営

年齢・性別 40代男性
職 業 建築業自営
借 金 総 額 470万円
借 入 先 数 9社

私は建設業をしており、月額の手取報酬として40万円ほどありました。そのため、生活水準が高くなり無駄遣いをしてしまいました。足らなければ消費者金融からお金をつまみ、お金を使うという生活で、借金がいくらになっているかも正確に把握していませんでした。
しかし、毎月の返済額が18万円ほどになってしまったため、借金の返済が生活を圧迫し、返済のために借入をするという自転車操業の状態になりました。
そこで、毎月の返済額を抑えるべく、任意整理を弁護士に依頼することにしました。
10万円前後の借金しかない業者の場合、弁護士費用を考えると依頼するのが得策ではないと教えてもらい、高額の借金があり利息の高い業者のみ4社依頼することにしました。
4社だけで11万円の毎月返済があったのが、4万5000円に抑えることができ、利息も発生しないようにしてもらいました。今後は無駄遣いせず、借金の返済を頑張っていきたいと思います。

任意整理をして、利息をカットし、毎月の支払額を抑えることに成功!

50代男性会社員

年齢・性別 50代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 200万円
借 入 先 数 2社

私は実家で暮らしていたものの高齢の父親と無職の兄の生活費を全て負担していました。会社員として働きながら、夜にアルバイトもしていましたが、借金に頼らざるを得ない生活でした。
はじめは少額の借入でしたが、返済をしてもほとんどが利息の支払いに消え、なかなか元金が減らず、借金額が雪だるま式に増えていきました。そして、とうとう200万円ほどの借金になり、毎月5万円の返済が必要になったため、生活が破綻しました。
そこで、借金の返済についていい方法がないか探していたところ、任意整理という方法を見つけましたので、弁護士に依頼することにしました。
任意整理の結果、毎月の返済額を3万円に抑えることができ、今後の利息もカットしてもらえることになりました。5年間の返済ですが、毎月目に見えて借金が減るので、どうにか完済することもできると思います。

過払金返還請求による解決事例

賃金業者の名称を忘れてた調査の上、過払金請求を実施!

70代女性無職

年齢・性別 70代女性
職 業 無職
借 金 総 額 0円
借 入 先 数 1社

私は、数年前に貸金業者への借金を完済していましたが、利息が高かった記憶がありましたので、もしかして過払金があるのでは?と思いました。そこで、貸金業者の名前を憶えていなかったものの、弁護士に過払金返還請求を依頼することにしました。その結果、貸金業者を調査してくれ、3カ月の交渉の末、過払金約80万円が返還されることになりました。
老後の生活の足しにすることができ、遺産を残すことができました。

過払金返還と借金免除おかげで車の買い替えを実現!

50代男性会社員

年齢・性別 50代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 50万円
借 入 先 数 3社

私は、利息が高かったことから、既に返し終わった業者とまだ借金が残っている業者の両方に対する過払金返還請求を依頼しました。過払金調査の結果、完済業者からは合計300万円の過払金が返ってくることになりました。そして、借金がまだある業者については、残りの借金が免除されることに加え、50万円の過払金が返ってくることになりました。
借金が無くなっただけでなく、多額の過払金の返還を受けることができたため、車を買い替えることができました。

自己破産手続による解決事例

ガールズバーでの借金を家族にばれずに自己破産!

40代男性会社員

年齢・性別 40代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 500万円以上
借 入 先 数 8社

私は会社のストレスが溜まってイライラしているところに声を掛けられ、ガールズバーに通うようになりました。私の話を聞いてくれることから、ハマってしまい毎日のように通い続けた結果、借金が500万円ほどになってしまいました。
到底返済できる金額ではありませんでしたので、自己破産を考えましたが、浪費の場合は、自己破産が認められないと思っていました。
しかし、弁護士に相談したところ、浪費が原因の借金でも自己破産が認められると教えてもらいました。
そこで、弁護士に自己破産を依頼したところ、家族にバレずに同時廃止手続という簡単な手続で破産が認められました。
ガールズバーに通っていたことは家族に言いずらく、家族にバレずに自己破産が認められてホッとしています。

住宅ローンの返済苦から夫婦揃って自己破産!

70代夫婦無職

年齢・性別 70代夫婦
職 業 無職
借 金 総 額 2億円
借 入 先 数 2社

私達夫婦は、バブルの時代に自宅を購入しましたが、その後住宅ローンの支払いができなくなりました。そこで、自宅を売却することになりましたが、バブルがはじけており、自宅の価値が大幅に下がっていたため、自宅を売却しても住宅ローンが残ってしまいました。そのため、自己破産を決意しましたが、住宅ローンの連帯保証人には妻がなっていたことから、夫婦そろって破産をすることになりました。
弁護士に依頼した結果、2億円という多額の住宅ローンでしたが、同時廃止手続という簡単な手続で破産が認められました。
これまで、借金の返済を子どもたちに頼っていましたが、こどもに迷惑をかけずに、余生を過ごすことができるようになりました。

個人再生手続による解決事例

個人再生手続きによって800万の借金を160万に減額!

60代男性警備員

年齢・性別 60代男性
職 業 警備員
借 金 総 額 800万円
借 入 先 数 5社

警備員をしていた私はパチンコにハマってしまい、多額の借金をしてしまったため、自己破産することを考えました。
しかし、自己破産するためには警備員を辞めなければならないと言われたため、自己破産を諦め、警備員でもできる個人再生を申立てることにしました。
個人再生手続の結果、借金を160万円まで減らしてもらうことができ、警備員の仕事を続けながら、借金返済の計画を立てることができました。

自宅を売らずに個人再生!500万の借金を100万に減額!

40代男性美容師

年齢・性別 40代男性
職 業 美容師
借 金 総 額 500万円
借 入 先 数 8社

私は、妻と3人の子どもがいますが、借金が膨らんでしまい返済が厳しい状況でした。しかし、子どものためにも自宅を手放したくなかったことから、弁護士に依頼し、個人再生の申立を行うことにしました。
現在の家計状況では、個人再生が認められることは厳しい状況と言われましたので、妻と協力して家計を見直し無駄を省き、弁護士と相談の上、適切なタイミングで個人再生を申立てました。その結果、無事個人再生が認められ、自宅を残しつつ、借金を100万円に減らしてもらうことができました。
子どもたちにとってはこれまでの生活と変わりなく自宅に住み続けながら生活ができるので、一安心です。

投稿日:2017年4月6日 更新日:

Copyright© 大阪の債務整理に強い弁護士「大阪バディ法律事務所」は相談無料! , 2019 AllRights Reserved.