任意整理から破産まで、債務整理に強い弁護士が代行致します。

債務整理全般 弁護士の債務整理コラム

どこの業者に借りていたか分からない?/4つの確認方法

投稿日:2022年5月5日 更新日:

「昔借金をしていたけれど引っ越しを繰り返していたら請求書が来なくなった。」
「借金をすべて返し終わって何年も経つことからどこの業者で借りていたか覚えていない。」などのご相談をいただくことがあります。
現在督促が来ていないもののブラックリストに登録されているためローンの審査に通らないことから借金整理を希望される方、過払金が請求できるか調べたいとお考えの方など過去の借金が気になる方は多いです。

どこの業者から借入をしていたか記憶にない場合でも業者を探し出す方法はあります。


今すぐ「債務整理」の相談をご希望される方は「大阪バディ法律事務所」までお問い合わせください。
債務整理の相談は大阪バディ法律事務所へ

この記事を書いた弁護士

弁護士 藤井 啓太(ふじい けいた)

大阪バディ法律事務所 代表弁護士

滋賀県出身。2011年大阪弁護士会登録(会員番号45670)。10年以上の債務整理対応の経験を持ち過去100件以上の債務整理案件を解決。高齢者福祉分野にて行政から委嘱を受け人権擁護活動にも精力的に活動中。

1 自宅に届いた郵便物

引っ越しをしてから請求書が届かなくなったという方は「住民票の異動」を忘れていないかご確認下さい。
引っ越しの際に貸金業者にも引っ越し先を伝えず、住民票の異動もしていないと業者も居場所がわからなくなってしまいます。

住民票を異動すれば、自宅に請求書が再度届く可能性があります。

2 通帳の記載を確認する

貸金業者に対して振込で返済していた場合は通帳の記載を見れば業者が分かります。
通帳を紛失していたとしても、金融機関に問い合わせれば10年前から現在までの取引の履歴を遡って取得することができます。

3 信用情報機関での確認

「ブラックリスト」という言葉があります。このブラックリストとは信用情報機関の登録者情報のことを指します。

信用情報機関には過去の借入状況や返済の状況も登録されていますので、信用情報機関の登録情報を確認すれば借り入れた業者が判明します。
信用情報機関には、株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シーアイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA)があります。
それぞれ加盟業者が違いますので3社にご確認いただくことをお勧めします。

確認方法としては、窓口での請求も可能ですが、インターネットや郵送での請求も可能です。
本人確認書類と手数料(1000円程度)等の簡単な手続で済みますのでご活用下さい。

株式会社日本信用情報機構(JICC)のホームページはコチラをクリック!
株式会社シーアイ・シー(CIC)のホームページはコチラをクリック!
銀行個人信用情報センター(JBA)のWEBサイトはコチラをクリック!

4 各業者に直接確認する。

曖昧な記憶であっても貸金業者の目星がつく場合は、業者に直接確認依頼をすることができます。
通常、氏名、生年月日、契約時住所で顧客情報を管理していますので、お客様番号等詳細がわからない場合でも確認可能となっています。

5 債務整理の無料相談は「大阪バディ法律事務所」へ

ご自身でも借入先を調査することができますが、忙しい毎日にどうしても後回しにしてしまいがちです。
過払金返還請求には期限がありますので、期限を過ぎて数百万円の過払金が返ってこなくなることもあります。

大阪バディ法律事務所は、過払金請求、債務整理につき、豊富な実績と知識があります。
相談料無料ですので、調査方法や調査代行などお気軽にご相談下さい。

お電話お待ちしています。
債務整理の相談は大阪バディ法律事務所へ
【事務所名】大阪バディ法律事務所
【弁護士会】大阪弁護士会所属
【弁護士名】藤井啓太・野口直人・龍田真人
【営業時間】平日9:30~20:00/土日祝日・時間外は応相談
【電話番号】06-6123-7756
【相 談 料】無料
【所 在 地】〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目15-18 プラザ梅新1516号室
【最 寄 駅】地下鉄東梅田徒歩5分、JR北新地駅徒歩5分、京阪淀屋橋駅徒歩7分

-債務整理全般, 弁護士の債務整理コラム

Copyright© 大阪の債務整理に強い弁護士「大阪バディ法律事務所」は相談無料! , 2022 AllRights Reserved.